ボウリングシャツ ブランド

ボウリングシャツというものを、ご存知ですか?
50's(フィフィティーズ)とも呼ばれている、ロカビリーファッションのアイテムなのだそうです。
ロカビリーファッションといえば、男性ではエルビス・プレスリーに代表されるようなリーゼントに革ジャンのスタイル、女性ではポニーテールにサーキュラースカート(開くと円形状のフレアスカート)スカートなどが真っ先に連想されます。

そもそもボウリングシャツとは?
”ボウリング”と名を冠するだけあって元々はスポーツウェアですが、現在ではスポーツ用に留まらず、アメカジファッションのアイテムの一つとして定着しています。

自動で、しかも同じ場所にきちんとピンを立てる機械が初めて登場したのが、1946年といわれています。
そして1950〜60年代、アメリカではボウリングの大ブームが巻き起こりました。
シンプルかつ誰でも気軽に楽しめるこのゲームは当時の青少年達を夢中にさせ、チームユニフォームとして定着したのが、このボウリングシャツです。

また、当時の流行と相まって、ボウリングシャツにもロックテイストのものが数多く存在しますが、色合いやパーツにおける自由度の高さから、よりカジュアルなものまでと、そのプレイ人口に比例するように種類も豊富です。

ブームの最中、キング・ルイなどのブランドが様々なデザインで作り始め、HILTON、MARLBORO、NAT NASTと、ボウリングシャツの有名ブランドは、数多く存在します。

そもそも、ボウリングシャツの形そのものはとてもシンプルなものです。
形状は半袖の開襟シャツで、背中にはアクションプリーツと呼ばれる2本のプリーツ。
素材にはコットンとレーヨンが代表的ですが、運動的な面とドレープの美しさから、レーヨン素材が人気のようです。
ボウリングシャツの面白さは、その配色と背中・胸・エリ部分の刺繍や袖のワッペン、ボタン、ステッチ等にあるといえます。

それはボウリングシャツにとっては「お約束」的な部分でもあります。
エリ部分と背中のプリーツだけ、本体である身ごろ・袖とは別の色を用いたり、チーム名やスポンサー、ブランドなどのロゴ、マークを刺繍で入れたり。
ボタンがボウリングのピン型なのは、もはや古典というくらい定番中の定番ですが、他にも変わった形のボタンを見ることがあります。
それらの要素が一つにまとまって、チームやブランドの個性をかもし出すのです。
野球やサッカーのユニフォームに、チームを象徴するカラーやマークがあるのと同じですね。
ちなみに、ボウリングを投げる人の刺繍を右襟部分に入れているのが、キング・ルイのトレードマークになっています。

またそのシンプルな形状は、性別や体格に留まらず、年齢も問わないアイテムです。
インナーにTシャツ等を着て重ね着を楽しんだりなど、普段着と同じ感覚で着られる気楽さも、新たにワードローブに加えやすいという点で、大きな要素です。
また、元々がスポーツウェアということもあって、その着心地や運動性のよさは、抜群です。
ボウリングシャツの魅力は、そこにかしこに存在します。

ブランド高額査定
常滑・岡崎の「リサイクルマート」はブランド品を高価買い取り。
ヴィトンやシャネルなど人気のブランドは特に高額査定で買い取ります!
http://recyclemart-ipc.com/item02

しかしながら、ボウリングシャツはアロハシャツやウェスタンシャツなどに比べて、知名度としてはまだまだな感があるのが現状です。
逆に言えば、ヴィンテージでも価格も比較的安定しているのです。
特に人気なのは50〜60年代のもので、これには、70年代以降は低価格に押さえたスタイルに移行した事で品質の低下も招いてしまった事が原因と考えられます。
50〜60年代はブームも全盛期ですから、より良いものが作られていった証でもありますね。

日本では1970年前後に、スタープレイヤーとして登場した須田開代子さんや中山律子さんなどの台頭を受けて、大ブームになりました。
しかし、直後に起きた73年のオイルショックで一時下火になったものの、80年初頭から再び人気が再燃し、現在では安定した人気を保っています。
チームを結成するとまではいかなくても、会社や仲間内での集まりでボウリングを楽しんだことは、多くの人が経験していると思います。
そして行った先のボーリング場で、チームで集まっている人達を見かけたことのある人も多いでしょう。
その時、ちょっとウェアに注目してみるのも良いかもしれません。
現代的なポロスタイルのボウリングシャツなど、様々なアレンジで見ることが出来るかもしれませんね。

現在でもアメカジブランドでは発売されていますし、ジャンルに関わらず他のブランドが手がけていたり、コラボ商品などを見かけることもあります。
自分のスタイルの一つに、新たなワードローブに加えてみるのはいかがでしょうか?
新品でも古着でも、探してみるとお気に入りの1枚が見つかったりするかもしれません。
こだわり派の人は、自分でカスタムしちゃうなんて手もあるかも!?